工業分析について

当センターで行っている工業分析について

工業分析は、石炭の品質チェックにおけるもっともポピュラーな分析法です。古紙・廃プラスチックを原料とした燃料(RPF)やバイオマス燃料の分析にも用いられます。

分析項目

固有水分 少ないほど発熱量が高く、着火しやすい分
灰分 灰分が少ないほど発熱量が高く、廃棄物が残りにくい
揮発分 可燃成分。多いほど燃焼しやすい
固定炭素 可燃成分。少ないほど燃焼性がよく、廃棄物が残りにくい
※石炭においては、一般に石炭化が進むほど固定炭素が増加し、揮発分が減少します

対象燃料

石炭・コークス・鉱物・木炭 燃料油・再生油など RPF・廃プラスチック・バイオマス関連
無煙炭 反無煙炭 灯油 軽油 RPF 廃プラスチック
瀝青炭 亜瀝青炭 重油 潤滑油 ペレット 木質チップ
褐炭 泥炭 再生油 テスト 有機性汚泥 無機物性汚泥
コークス 黒炭     廃油 紙くず
白炭 木炭     木くず  
備長炭 オガ炭        

燃料から選ぶ

  • 石炭・コークス木炭など
  • 燃料油再生油など
  • バイオマス関連
  • 無料相談
  • お見積もり