燃料分析をご希望の方へ

燃料分析のことならお任せください

当センターは1976年の設立以来、さまざまな燃料分析のご要望にお応えしてまいりました。長年の知識と経験によって精度の高い分析データをご提供するのはもちろん、技術者が直接お客様とやり取りすることで、ご意見・ご要望に素早く柔軟にお応えしています。まずは以下のメニューよりご希望の内容をご選択ください。

分析依頼を初めてされる方へ

当センターは充実した分析に必要な機器、設備を導入し、次のようなご要望に対応しております。

海外から輸入した石油燃料について……
・現地企業が示した分析データをクロスチェックしたい
・時間経過などによる性質変化がないか調べたい
・ブレンド利用した際のリスクについて知りたい
生産しているバイオマス燃料について……
・規格に適合しているか試験したい
・品質評価をして欲しい
・燃焼効率を向上させるため、不燃成分を確認したい

適合分析に関しては、日本工業規格であるJISに準拠して行います。

分析可能な燃料
石炭・コークスなど
・石炭等の品質評価に関する分析
・工業分析(水分、灰分、揮発分、固定炭素)
・元素分析(CHNS)、微量元素分析(F、Cl、B、Se、Hg、As)、粉砕性、ボタン指数、発熱量、灰組成分析、灰溶融性
燃料油など
・油性状一般分析
・発熱量、元素分析、動粘度、引火点、密度、残留炭素、水分、灰分、流動性、反応性
RPF・ごみなど
・各種再生可能エネルギー対象物に関する分析
・燃料としての一般性状分析
・発熱量、元素分析、水分、灰分、嵩密度、塩素、フッ素

≫燃料分析の必要性について

≫燃料の品質とトラブルに関してはこちら

よくあるご質問
分析してもらう試料はどのように渡せばいいですか?
試料は原則として、当センターまで郵送もしくはご持参いただくようお願いしております。営業所の近隣エリアや、何らかの事情がおありの場合にはおうかがいすることも可能ですので、ご相談ください。
分析料金はいくらくらいですか?
分析料金は要求項目、検体数、試料の状態などご依頼内容によって変わります。「事前見積フォーム」に分析項目と備考をご記入のうえご依頼いただければ、お見積もり内容をご返信いたします。お電話やFAXでのお問い合わせも承ります。
TEL:042-482-6634
FAX:042-483-6103
分析期間はどのくらいですか?
分析納期は要求項目、検体数、試料の状態などのご依頼内容によって変わります。まずは「事前見積フォーム」よりお問い合わせいただき、備考欄に「納期についても知りたい」とひと言書き添えていただければと思います。なお、分析結果をお急ぎでお求めの場合、事前にご連絡いただければ対応可能な場合もございます。その際、特急料金が発生することもございますのであらかじめご了承ください。
≫そのほかのよくあるご質問はこちらから(P.17へリンク)

よくある質問をすべて見る

当センターにはじめて依頼される方へ

当センターは1976年の設立以来、高い精度を求められる自治体・官公庁からの依頼を含む、多種多様な燃料分析を行ってきました。積み重ねてきた実績とデータ資産による精度の高い分析結果や、お客様のもとまで技術者がうかがうフレキシブルな対応をお求めなら、ぜひ当センターまでご依頼ください。当センターのより詳しい特徴につきましては、「当センターの特長」にてまとめていますので、もしよろしければご参照ください。

会社紹介

当センターは設立以来、環境との共生・調和を求めて、環境調査・計量証明事業を基盤とする環境コンサルティングを行っております。1982年には三井鉱山(株)の調布研究所燃料分析部門と事業統合し、石炭を中心とした精度の高い分析と柔軟性のある対応、分析に関わる技術的なサポートをしてまいりました。当センターの詳しい情報や沿革については、会社概要のページもご参照ください。

燃料から選ぶ

  • 石炭・コークス木炭など
  • 燃料油再生油など
  • バイオマス関連

分析から選ぶ

  • 無料相談
  • お見積もり